diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 彼女の話。 ]
2013-08-23(Fri) 11:45:40
この日記、一体なんのために書いているのだろうと思いもするが、普段自分の思いを愚痴以外に外に出すこともなかなか無いので、こうして文章を起こすというのは、考えやどうでもいいような悩みを整理したりするのに大変役立っていると思う。

そういうわけで、ミスチルなど聞きながら、最近あった最も印象深いことを書いていこうと思う。
「掌」なんて何年ぶりに聞いたか分からないが、このイントロは聞くたびに胸を鷲掴みにされるような気持ちがする。

他人との関係性なんて、大人になって話すこともないが。
今日は、せっかくの機会だから「彼女」のことを書いていこうと思う。
なかなか、ずっと日記に書こうとしてうまく書けなかったのだが、大人になって整理もついたし、もう時効だろう。
……いや、時効って言葉としてオカシイか。
でもまあ、「時効」は言葉としてしっくりくる。


こんなに他人に対する文章を書くことは、後にも先にも無いかもしれない。






先日、中学時代からの友人と会った。
「どうやら私は付き合っているらしい」
中学の頃から相も変わらず、色気のないハナシばかりしてきた彼女から出てきたその言葉に、冗談ではないほど衝撃を受けた。
そしてワタシたち大人になったんだなぁと陳腐な感想を抱くと同時に寂しくもなった。
でもきっと、大学1年生のころや、それこそ高校生のころ同じような出来事が万が一起こっていたとしたら、おそらく今とは比べ物にならないくらい寂しさが増さっていただろうから、やっぱり大人になったんだろう。


その友達は本当に面白いやつなのだ。
「やつ」という言い方は大概失礼にも思うのだが、面白い「人」という他人行儀な言い方はしっくりこないし、面白い「方」という言い方もちぐはぐで、でも「子」という年齢ではないし、私の彼女に対する信頼や敬意をこめてあえて「やつ」と呼びたい。
彼女との思い出を振り返ると、ああ色々あったなぁと思う。
私自身、中学高校時代なんておそろしく浮いたやつだったと思うが、彼女もなかなかのいわゆる「変わり者」だった。
あんな若者の街にある学校にいる「女子高生」からみたところの「変わり者」だった。


もう既に10年以上前のことが多いから、実はそんなにはっきりと覚えていることは少ない。
確かクラスは1度しかいっしょになったことが無いし、部活も途中で私がサボり始めたから、今にして思えば、一体なにでそんなに関わっていたのだろうという気もする。
おそらく実際は高校時代なんてほとんど関わっていないだろう。
彼女は部活も誠実に取り組んでいたし、私たちは文理も別だったから授業もバラバラだった。
ただ、たまにしか直接的に関わらなかで、なんとなくほおっておけないやつだったことは覚えている。
なんとなく、あやうい感じだった。
あやういっていうか、ご飯を食べていなかったり、あまりに他人に興味が無くて潔癖なものだから、なんとなく「しっかりしろよー」とお節介を焼きたくなってしまうようなやつだった。
たぶん、私のなかにもわずかにあるらしい、長女気質がほっておけなかったのだと思う。


そしてなにより面白かった。圧倒的に、考え方が面白かった。
一時期、学校でメッセンジャーがブームになり、帰宅後に勉強もせずよくやっていたものだったが、そこで彼女がたまに見せる、独特な考え方が本当に面白かった。
具体的になんの話をしていたのかなんて一切覚えてはいないけれど、ただそう思ったということだけはよく覚えている。

面白いやつだった。ちゃんとしていればとても綺麗な子でもある。
確かに高校時代はいわゆる「変わり者」だったけれど、それも含めてこの子の魅力に、なんでみんな気が付かないんだろうと思わされるような、そんなやつ。
……改めて文章に書くととても恥ずかしいな、これ。



正月ぶりに会った彼女に、「どうやら私は付き合っているようだ」なんて言われた。
この言い方が、また面白い。
普通、自分の身の上に起きていることなのに、「付き合っているようだ」なんて三人称で語らない。
でも、そのちぐはぐさが彼女らしいと思った。
そして同時に、ある出来事を思い出した。
浪人中だったか、大学に入ったばかりだったか、たぶん、そのころのことだ。
高校の卒業式ぶりくらいに会って、色々話をしていたのはいいが、なんのきっかけか「付き合うって一体どういうことなの? なんで友達じゃダメなの? なんで付き合いたいの?」と純粋に質問されたのである。
今考えればおそろしく若い話である。なんとまあこっぱずかしい話していたのか。
そうやって今なら笑い飛ばせる話も、彼女から真剣な顔して聞かれた当時の私は、ものすごく答えに困ってしまった。
その場では取り繕って何かを答えたと思うのだが、彼女はさらに「それはどうして友達じゃダメなの?」と畳みかけた。
当時の私はそれに対してますます困惑した。
何に対して自分が困っているのかすらよく分からなかったし、なんて答えたらいいのかも分からなかった。

若くて恥ずかしいほどに青臭い話ではあるが、そりゃあ当時の自分からしたら、「友達」だと思っていたやつに対して、「付き合うこと」の条件を答えたら、「なぜそれは友達じゃダメなのか?」と言われてしまえば困るだろう。
友達ではダメだと言ってしまったら、まるで友達である彼女を否定してしまうようで答えようがないよな、と今は笑い話なのだが。
それからしばらく、その問いは頭の片隅にあって、時々悩ませたくらいだから、よっぽど衝撃的な問いだったのだろう。


そんな彼女から「付き合っている」なんて単語が出てきたから、ああ、大人になったと尚更思ったのだ。
きっとあのころ純粋に尋ねてきた、そう言った問いに対する答えがそのうち見つかっていくんだろう。今はまだ分からないらしいが。
でも「付き合っている」、なんてちぐはぐな! 
そう思いもしたが、そんなものにおそらく一般化できる答えなんて無いんだろうな、と彼女を見ていてようやく気が付いた。
その相手との関係性において、お互いが一番納得し合える関係性を構築できて、そこに「付き合う」という単語を当てはめると決めたのならば、いくらいわゆる社会的に流布している「付き合う」や「恋人」という言説にそれが当てはまらなかったとしても、それはそれでいいんだろう。
「付き合う」や「好き」なんて言葉の意味は、きっとその関係性の数だけあって、その関係性を第三者に示すより適当な言葉が無いからこそ、ただその言葉を借りているだけに違いない。
なによりも、うれしそうに話す、その彼女の顔を見れただけで答えは十分だ。


そういうわけで、私のなかではずっと頭の片隅に残されていた「宿題」が、やっぱり「宿題」を出してきた彼女との会話において、ひとつの「回答」を導き出せたのである。
だから、これはひとつの「機会」であって、「時効」だった。


それともうひとつ。これはきっと、私を寂しい気持ちにさせた理由のなかのひとつだけど。
もう彼女と、こんな根本的な話をすることも無いかもしれない。
きっと次に会うときは、こんな抽象的な関係性論ではなくて、もっと具体的で現実的な話をするだろう。
だから、そういう意味でもこれはひとつの「機会」だし「時効」だ。



しかし、こうやって改めて文章を書き起こしていて思ったけど、彼女の関係性に対する考え方ってかなり繊細だし、おまけにその関係性定義に対するハードルがおそろしく高い。
ただ、それゆえに特定の関係性を定義した人に対しては本当に誠実だな。
だから信頼しているし、尊敬もしている。
そんな彼女が帰省するたびに声をかけてくれるのは有難いなと思う。


色々あったけど(特に中学生のころとか)、ずっと友達でいてくれてありがとう。
これからも、こんなどうしようもない私ですが、どうぞよろしくお願いします。
徒然日記TB : 0CM : 0
  [ ショムニ。 ]
2013-07-01(Mon) 22:26:27
お久しぶりです。


夏クール。


ショムニが復活しますね。10年ぶりに。


10年前の夏のこと、よぉぉぉぉーく覚えていますとも。
小学生のころから大好きで大好きで大好きだったショムニが戻ってくる!
そのCMを初めて見たときの衝撃たるや。

「ショムニFINAL」の1話、テレビにかじりついて、ビデオ録画をしながら見ましたとも。
当時、家にDVDレコーダーなんて無くて(もちろんHDDレコーダーも無く)、CMを入ら無いように録画したくて、CMのたびに停止ボタンを押して、またCM明けに録画を押して……を繰り返し、うまく録画できているかどきどきしながら見ていました。

あれから10年ですもんね。早いなぁ。

戸田恵子さんのブログに、久しぶりにショムニーズが揃って撮影だったということで写真がアップされていたのだけれど、これを見ただけで正直感無量でした。笑

o0480064012595099359.jpg

めちゃくちゃ懐かしい! ていうか意外とみんな変わんないなー。
これもショムニのパワーなの?wwww

梅ちゃんは芸能界を引退されてしまったので、もう出てこないんでしょうけれども。
でもきっと、何かしらエピソードは語られるんだよね。梅はアラビアに移住して、石油王相手にバリバリ交渉してるよとかってさ。

きっと、新しいショムニの視聴率が振るわなかったら。

今のところ、旧メンバーの出番は1話だけらしいけど、彼女たちが交代で戻ってくる展開(いわゆるテコ入れ)になるんじゃないかな、という気がしている。

このメンツを見てしまうと、やっぱり10年経った旧ショムニがどうなったのかを知りたいって思ってしまうww

だって本当に好きだったからねえ。理屈ではなく、もはや反射で反応してしまうレベル。
ネタ切れだったのは間違いないから、まさか戻ってくるなんて思わなくて……

まさか、まさか全くのリメイクではなく、続編があるなんて思えなくて……

もちろんオリジナル版が好きなことには変わらないけれど、それでも素直に喜んでしまったんです。

あっ、またショムニに会えるのか! あの世界が楽しめるのかと。
10年前に戻った気分だった。笑
徒然日記TB : 0CM : 0
  [ さつ☆ばつ ]
2012-11-03(Sat) 12:32:46
こんなにブログを更新しなかったのは初めてかもしれない。

お久しぶりです。
顔は毎日死んでますけど生きてます。
社会人になって半年が過ぎました。
次々飛んでくる仕事に溺れながら、がむしゃらになって必死に毎日捌いています。
専ら先輩や上司や隣の席の係長から嫌味を言われたり苦笑いされたりしながらも生きています。

社会人になって、もっと色々なことを気を付けないとなぁと思わされました……
なんていうの? 今までの生き方が雑すぎたことを反省しました。。。

この半年で言われて反省したこといろいろ。

○家用のお土産におまんじゅう5個セットを買おうとする→上司からケチすぎると12個入りに替えられた。
その後指導係に意気揚々と陰口を叩きに走られる。「あいつ5個しか買わないとかケチすぎ」
面倒くさかった、とても。そんなことまで気にされるんだな、と思った。

○電話メモを残す→「なかなか独特な字を書かれますね!(笑)」
それからその係長に残す電話メモだけはめちゃくちゃ丁寧な字で書くように心がけるようにしました。

○ホチキスを外す→隣に飛ぶ→「たまに芯が落ちてるのはあなたですね。いやーこれからもどんどん飛ばしてくださいね!(笑)」
その日のうちにすぐホチキス外し買いました……今まで本当にすみませんでした……

○島同士で仲が悪い。互いの島の新卒の出来の悪さを言い合っているようだ。

○「完全に余計なひと言(笑)まあ正しい一言だけど」
もう何も言うまい、と堅く思いながらも今でもやらかします、これ。


世の中酸素吸っているだけで他人からは疎まれるんだな、と思いました。
こんな自分と仲良くしてくれていた友達のありがたみがより一層感じられました……
最近人に話しかけるのがコワい。
人にお願いしたり頼む仕事とかほんと憂鬱。

小さいころ、母が話してくれた色々なこと。
お箸の持ち方が汚くて、それを言われて恥をかいたとか。
きっと、それはすべて今私が経験しているのと同じ。
だから母は厳しくしかってくれたのだろうし、習い事もやらせてくれたんだろうな。

母親って有難いな、って思いました。

とまあ、私にかなりの非があることは認めるんですけど、それでも私の職場は常日頃からアットホーム(笑)とはほど遠いと感じているけど、それでもなんか殺伐としているって言うか、空気が淀んでいるというか……
という気がしていたのだけど、やっぱりそうなんだろうか……
同期から「(私)のいる階は空気が違う。ピリピリしてる」と言われるけど。。。
指導係からも以前「ここは特殊だよ。あなたの今まで生きてきた世界でのコミュニケーションが間違ってるわけじゃない。それがふつう。ここでのことは修行だと思って」と言われて本当に泣きそうになったけどwww
これは入社する前から感じていたことだけど、確かに私の階にいる人たちは目が死んでる。
「生き生き」からはほど遠い。
まあ、それでも楽な方だとは思うけどね。。。

学生時代、1年生の頃、見せるつもりの無かったものが見えてしまっていて、それをケータイで取られた挙句、部活のメーリスで回されて、みんなにひそひそと噂されて大泣きしたことがあった。
4年間で一番、本気で部活を辞めたくなった瞬間だと思う。
(そのときその行為を「やりすぎ! ひどすぎ!」と怒ってくれた先輩には本当に感謝してる)

社会人になって、家族とそのときの話をしたんですよ。
そしたら、「今度そんなことがあったらあなたが謝らなければならない。見せてしまってすみませんでしたと言わなければならない」と言われ、ああ、まだまだだな……と思っています。
大ざっぱだし、とにかく自分が傷つきたくなくて、仕事も中途半端になってしまうことが多いけれど……
感情押し殺して、丁寧に丁寧に、きちんときちんとを心がけないといけない。
つらい。はっきり言って憂鬱。全然楽しくない。でも頑張らないといけない。
仕事出来る人は、やっぱりそういうところもきちんとしている。
きちんとしているからこそ、おそらくきちんとしていない人の行動がいちいち気になるんだと思う。
頑張ろう。まだまだ出来るはず。。


最近の息抜きはもっぱら同期たちとのお昼。
年齢もバラバラだし、趣味もみんなとがっているし(アイドルヲタにアニメヲタに専ら楽器吹きに)、部署も違うけれど、がむしゃらに頑張っていることは一緒で話していると安心します。
休みの日にいっしょにアイドルのイベント行ったり、服買いに行ったりもして。
そういえば中高も大学もそういう友達ってあんまりいなかったなぁ。
会社でも数は決して多くないけれど、そういう友達ができたことは本当にありがたいことですね。
徒然日記TB : 0CM : 0
  [ 夏休み1日目 ]
2012-07-31(Tue) 13:19:02
こんなモー娘。のことしか書いていない気持ち悪い日記を一体誰が読んでいるのだろう\(^o^)/

というわけで今日もお休みです。今日は夏休み1日目ー。
我が社は夏に既定の日数自由にお休みをとれるのです。
一気にとってもいいし、バラバラでもいい。
私は断然後者です。
そんな何日も休んでも暇なだけだし会社行きたくなくなるし仕事たまるし。

しかし、この日記を見ていたら、前に平日に休んだのはたったの2週間前か。
7月休みすぎ。でも8月もすでに夏休み2日とること確定。
なんだかんだ、やっぱりうちの会社はこういうところ圧倒的にホワイトだと思いますが、
友人に言わせれば「外見はホワイトだけど中身は真っ黒」

というのも、最近の私は職場の人間関係に削られてばかりで愚痴がひどいから。笑
笑、とか書きながら全然笑えない。
同じ島がなかなかのカオスっぷり。
そもそものはじまりは上司がとあるSNSをはじめたこと。
職場の人たちに手当たり次第に友達申請をしてきたわけですよ……!

もちろん断るわけにはいかない⇒友達になるまではまあいいんですけど、
(そのSNSは友だちにお誕生日おめでとうってコメントするのにしか使ってないから)
友達になって数日後、「お前なんで何も投稿しないの? なんか書けよ」と冗談でも言われた日には、

ああ、面倒くさー(--;)

って思うわけですよ。
それが部下とコミュニケーションを取ろうとする上司なりの優しさなんだとは分かるんだけど。
私の上司は、基本的に人を褒めなくて、
いじることやけなすことでしか人とコミュニケーションを取れないタイプなので、
SNSに投稿したコメントをみては職場でとにかくいじってくる。
ときに、そこまで言わなくてもいいじゃんっていじりかたをする。
プライベートと仕事の区切りが結構曖昧な職場だと思う。

だけど、上司に私たち平社員の業務を進めるうえでの決定権がすべて握られているから誰も何も言えない。
そして同じ島のほかの先輩たちは、とにかくやたらめったら気が遣える人たちなので、
どんなに上司が何を言ってきても笑ってうまいこと返して「笑いの空気」にできる。
まさに“気配りの応酬”。
いかに仕事ができるか、よりも“いかに気配りができるか”の方がよっぽど求められている気がする。
というか、仕事ができること=気配りができること、なんだと思う。

自分がコミュ障だと思うのは、まさにこういう気配りや気遣いがうまくできないこと。
そういうときに適切な言葉が出てこない。
頭の回転が悪いのもあるし、慣れていないのもある。
慣れていないから、精神的に疲弊する。
仕事について、事務レベルの話だったら難しいことしていないし、
慣れてきたからそんなに問題ないと思いたい。

全然話変わるけど、
大学はなんだかんだ愚痴愚痴言いながらも部活しかやってなくて、
勉強らしい勉強(つまり知識が増える系統)は一切やっていなくて、
本も全然読まなかったしとにかくインプットが鈍ったから教養とか笑えるくらい無くて、
つまり勉強が出来なければ頭もよくない。だからコミュ障っていうのもあるのか。
本当に自分どうしたらいいんだろうwwwwって最近よく思う。
最近の思考のくせが「早く諦めよう」っていうのがひどい。
期待していた色々なこと、別に期待していたつもりは無かったけれど落ち込む色々なこと。
諦めて、そういうもんだと受け止めようって思ってばかり。
格好の悪さが尋常じゃない。
こんな大人になりたくて23年間も勉強してきたのだろうか。
こんな大人にだけはなりたくなかったなぁ。仕方がないのかな。
厨二病だと思われてもそう思っちゃうよ。まじで笑えない。
徒然日記TB : 0CM : 0
  [ 平日休み ]
2012-07-18(Wed) 19:18:17
平日休みって、良いよね!!!

というわけで私は今日、先日休日出勤した代休として一日お休みをいただいた。
平日のお休みって休日のお休みの3倍くらいテンションあがるよねー。
平日お昼の、町全体にただようのんびりとした空気と平和な感じがすごく好き。
休日はやっぱり、街に人が溢れているからさぁ。
こういう平和な世界で生きていきたいって毎回思うよね。

7月入ってから休日出勤に終電逃してタクシー帰り、3連休は旅行にと、
引きこもり体質にしては結構アクティブに動いていたと思う。
根暗かつネガティブの極みのような私は、こういうアクティブに動くことが本当に嫌いなので笑
はじまるまではどれも本当に嫌だったんだけど、どれもこれもはじまってみれば楽しかったなぁ。
休日出勤は、初めてのことに対し突発的なことに対応していくという点で経験の長短があまり関係ないから、
逆に普段の仕事よりやりやすいっていうのもあるかもしれない。
あまり経験できない立場を経験できてよかったなぁ。

が、やはりそこは根暗引きこもり体質。
家に引きこもって好きなだけ寝たり好きなことをやったりする日を心待ちにしていた。笑

今日はおひるねしたり、DVD見たり、ひたすら引きこもりを満喫した。
ああ、楽しかった。実に楽しかった。
夏休みはもう旅行に行く予定もないから、
ひたすら小分けして休みをとって平日休みを満喫しようと思っている。


最近モーニング娘にはまっているのは、いつも日記に書いている通りだけど、
一番見ていてテンションが上がるのは、なんだかんだでドリームモーニング娘。

ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011春の舞 ~卒業生DE再結成~ [DVD]ドリーム モーニング娘。 コンサートツアー2011春の舞 ~卒業生DE再結成~ [DVD]
(2011/09/14)
ドリーム モーニング娘。

商品詳細を見る


ドリーム モーニング娘。スペシャルLIVE 2012 日本武道館 ~ 第一章 終幕「勇者タチ、集合セョ」~ [DVD]ドリーム モーニング娘。スペシャルLIVE 2012 日本武道館 ~ 第一章 終幕「勇者タチ、集合セョ」~ [DVD]
(2012/06/20)
ドリーム モーニング娘。

商品詳細を見る




「みかん」からの「浪漫」が格好良くて非常に好きである。
でも藤本と石川がいないのが残念。安倍さんはとってもはまっていると思うけど。

ドリムスのメンバーは、にこにこ笑いながら実は結構濃厚な人たちだと思う。
39歳社会人経験者の中澤姐さんに始まり、結婚しちゃったメンバー飯田、矢口、藤本。
盗作騒動で一時気世間を騒がせた(ような気がする)安倍さん。
逆に何も無さ過ぎてオイ! な保田、吉澤、石川。
さらに何もない(笑)小川とCancanモデル久住。

実に強烈である。特に中澤姐さんから安倍さんまでのこの5人は濃い。
「アイドル」と今でも呼んでいいのか考えさせられる。
だけど、なぜこんなに感動させるのか。
汗びっしょりになって踊って歌う姿に、なぜ今更心を動かされるのか。

多分ね、そんな色々なことがあっても、
乗り越えて、さっきと矛盾するようだけど、
それでも一生懸命キラキラ「アイドル」してくれているからだと思うのよ。
口パクもせず、汗をだらだら流しながら本気で踊って歌って。
それってそんなに簡単なことじゃないと思うのよ。
みんな揃って30歳前後になってさ、結婚もしてさ、盗作騒動もあってさ。
時間を作って、人によっては自分が参加していない頃の曲を一から覚えるんだろう。
一度グループを経験し、それによる自信も反省もあるんだろうけど、
そういうなかで同じメンバーでもう一度グループを組むというのは一体どういう思いなんだろう。
そしてそれって、きっと大変なことも多いと思うけれど、
(特にリーダー経験者がもう一度「後輩」をやるというのは結構大変だと思う)
どんなに幸せなことだろう、と思わないでもない。
反省を、後悔を、全部ぶつけてもっと良いものを、良い意味で開放的になって作れるって幸せだと思う。

そういう姿に感動するって、自分も大人になったんだな(というか年取ったんだな)とひしひしと思う。
感動すると同時に、あー私も頑張らなくちゃなぁと思わされる。
徒然日記TB : 0CM : 0

copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。