diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ルートは絶対プラスですよね? ]
2006-02-12(Sun) 00:24:37
今日は「博士の愛した数式」を観に行って来ました。
昨日寝たのが遅くて、正直6時間睡眠で映画って大丈夫かしら寝ちゃわないかしらと思いながらも明日は休みたかったのでれっつらごー。
有頂天~のように笑える映画じゃないしね。

これオチとか無い映画ですけど、ネタバレしそうだから感想は下に。

ちなみに一人でした。
普通に入り口で「一般ですか?」と聞かれました。笑
映画館まで行く間と、映画始まる前は結構辛いですよ3回目でも。
でものんびりとした時間が過ごせていいですが、良い映画だと終わった後に誰かと話したくて仕方が無いです。
最近流行り(?)の東宝映画と比べると、景色や人を繊細に描写する、まさに日本映画っていう印象を一番に受けました。
そんな“まさに”な映画を観てない私が言うのもなんですが(^^;)
桜、海岸、滝、野草摘み等、自然がたくさん出てくるので、風景の写真集を一枚一枚ゆっくりとめくりながら過ごしているような。
そんな気持ちになりました。
博士と家政婦、そしてその息子ルートの関係と、博士と大きくなり数学の教師となったルートが観客にも教えてくれる数学の美しさ。
どこまでも穏やかな映画だと思います。

セリフはなかなか原作に忠実、けど、展開が……(^^;)
原作の中で物語が動くポイントの描写が映画では無く。
そこからまた物語が進むので、結構好きだっただけに少々残念でした。

原作は家政婦の目を通してみた博士の無償の愛を描いているのに対し、
数や数式、目に見えないけど確実に存在する真実の存在。
映画ではこれらに重きを置いて、美しく魅力的に描いている。
そんな感じがしました。

って真面目に語ったあとになんですが、√1ってただの1ですよね?
±1じゃないですよね……?
めちゃくちゃ気になったんですけど。笑
スポンサーサイト
博士の愛した数式映画TB : 0CM : 4
イブなわけでHOMEやっぱり

COMMENT

  +
かなんさんこんにちは☆
博士見ましたかー!埼玉来ましたか?笑
原作ファンな私はちょっぴり(^^;)な感じでしたが、√先生の授業はわかりやすかったのでよかったです。
博士や√みたいな人が先生だったら私の数学の成績ももう少しましに…ならないかな(おい)

√1は±1じゃないですね(笑)
今かなんさんのブログ見て気づきましたけど^^;
±√1=1ならよかったですね。笑

私は狂言?だか歌舞伎?だかのシーンに作者小川洋子さんが映っているのを誰かに教えたくて仕方なかったです。笑
b y なゆ | 2006.02.12(08:40) | URL | [EDIT] |
  +
なゆさんこんにちは(^▽^)
すっかりレスが遅れてしまってすみません(>_<)
博士見ましたよーvvでも起きたの遅かったので、残念ながら埼玉には行けなかったんですー。笑
博士やルートが先生だったら、数学魅力的に感じそうですよね。
成績の上下はそれとはまた別問題ですが(^^;)
私も映画自体は……(・・;)くらいな感じだったところもあるんですが。爆
原作とはところどころ違いますね。

√1=±1、自分が覚え間違えてるかなぁと思ったんですが、間違ってますよね……
なんかこれから見る人どう思うのかと考えるほど、こっちが気まずくなりますねえ。笑(何故に)

えっ、小川さん出演していらしたのですかっ!!
それは気が付かなかったです。
うわー見事なくらい歌舞伎と博士とお姉さまにしか目が行かなかったです。
b y かなん | 2006.02.17(21:06) | URL | [EDIT] |
  +
はっ!
±√1=1ではなく
±√1=±1でした;
大丈夫かな現役中学生。
手遅れながら訂正させていただきます笑

ていうか昨日かなんさんが夢に出て来ました。
お顔存じてないのでこう、フィルターがかかったようなかなんさんでしたけれども(笑)
一緒に踊る見に行きました。嬉しかったです。笑
b y なゆ | 2006.02.17(21:20) | URL | [EDIT] |
  +
こんばんはですー(*^▽^*)
ルート入ってきますと不安になりますね(>_<)
X2乗=3ならX=±√3だったかな……(^^;)

うわー、夢にですかっ!
お邪魔していましたか!(?
わわっ、何だか私も嬉しいですとっても。笑
b y かなん | 2006.02.19(01:14) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/77-1020b962



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。