diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 最後の大勝負。 ]
2011-07-24(Sun) 20:20:11
いよいよ明日で就活も終わる。最後の大勝負。
就活始めたのは去年の5月だから、
14か月もやっていたのか……
今まで散々自分の好き勝手やらせていただいたので、
きちんとぶつかって、出来れば結果出したい。

昨日、空港に行ってきた。旅行をするわけでもないのに。
国際線ターミナルが実際にどうなっているのか見てみたかったのと、
羽田と都心が成田に比べていかに近いのか実感したかったというのが
大きな理由かな。
いくら政策を本で読みこんでも全然体に馴染まないし、
納得もできないから、だったら出来るだけ、実際に足を運んでみようと思った。
そうしてようやく見えてくるものもあると思うから。

国際線ターミナル自体は、全然人がいなかった。
時期が時期だから? と思ったけど、国内線ターミナルは人でごったがえしていて。
なんでだろう。まだそんなに就航していないから?
震災の影響だろうか。

展望台に行って、ずっと飛行機が離着陸するのを見ていた。
本当にひっきりなしにやってくるのね。出たり入ったり。
空港の向こうには、大きな貨物船が見えた。
新宿や丸の内はずっと遠く。
ここが、日本の入り口なんだなぁ。

空港って、いつも何となく生きている、当たり前の毎日を可視化してくれる。
空港の近くは倉庫街。流通センターとか。
私の普段使っているものも、こうやって外国からやってきて、
流通しているんだな、という当たり前のことに気が付かせてくれる。
だからか、倉庫街とか工場街見ていると胸に迫るものがある。
当たり前って、全然当たり前ではないのだと思って。

それに、こんなに飛行機は離着陸しているのに、
私は相変わらずドメスティックで、
保守的で、安定ばかり望んで、成長とか全然考えてなくて、
就活は結婚とか出産とか不確定要素まで考えちゃって、
本当につまらん人間で、それでいいのかなぁと思ってしまう。

ミクロでドメスティックなものばかりに目を向けていたから、
そろそろもっとマクロなものを見てもいいかもしれない、と思った。
大学生になって海外行ってないからなぁ。
青春18きっぷで国内ばっかり見てた。
東京ってすごく特殊なんだなぁとか思いながら。

そろそろ、外に出て行ってもいいかもしれない、と思った。
というか、外を見たくなった。
都市の政策を調べて、足を運んで、他の国ではどうなのだろう、
という視点が初めて生じた。
ロンドンとか、そんなに遠くなくてもいいけど韓国とか……
ヨーロッパ諸国の政策は、日本では結構手放しに「うらやましい」とか言われたりするけど、
実際どうなんだろうとか……


私がやりたいことは、誰かをわくわくさせることだった。
凄く抽象的で、分かりづらい。
それは多分、私がわくわくしたかったから。
自分が一番わくわくできるのは、こうしたら喜んでくれるかな、
ということを考えながらモノ作っている(手動かしてる)瞬間なので、
だからメーカーを受けた。しかも受注産業。
そのメーカーは、生き残るため、色々な商材を持っている。本当に多種多様に。
商材そのものが魅力的なのもあったが、
その商材をどう使ったらお客様(企業)の期待に応え、最終消費者の元に届けられるか、
を考えるのが楽しそうだった。
まるで、たくさん部品がある中で、どう組み立てたらいいかを考える、レゴ作りのようで。
文系でもモノづくりに近いと思った。だから受けた。

次のモデルが出来上がるとき、確実にかかわれるだろうと思った。
次の当たり前を作り出せると思った。
自分が直接かかわってなくても、自分とつながりがある会社の誰かがかかわっていたら、
私はきっと喜べる。
あと、あまりに身近なものを作っていることも良かった。
友達と遊んでいたとき、「これ私が手掛けたの!」なんてスーパーで言えたら、
私はそれが何よりもやりがいになるだろうなぁと思って。

それって、きっと誰かの意識を変えたいということだ。
誰かの「当たり前」を新しく作りたいっていうのは。

部活でも、どうしたらわくわくできるかをずっと考えてきた。
だったら、自分がわくわくするんじゃなくて、誰かの意識を変えて、
生きやすくして、パフォーマンスあげれるよう尽力する生き方もあるかな、
と思えた、就活後半を通して。

うん、明日もがんばる。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0
考え整理。HOMEタイトルなし

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/597-ca047344



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。