diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ]
2011-06-06(Mon) 23:06:56
就活まとめ

プレエントリー数 60社くらい
エントリー数 26社
ES落ち 7社
1次(GD含)落ち 6社
2次落ち 2社
3次~最終落ち 2社
選考辞退 4社
採用中止 1社

こう見ると半分は1次の段階で落ちてるんだな……


今、就職活動を続けているのは1社だけ。

自分の経験を振り返ってみて、
また就活を続けて興味を持った企業を改めて考えてみて、
自分がやりたかったことは、

「関係から新しいものを生み出すこと」

だと思った。

例えば、OBと大会をよりくっつけることによって、
OBに大会への愛着を持ってもらい、
それを部への愛着につなげ、
最終的には部を応援したいと思っていただく
(もっと狡い言い方をすればお金を気持ちよく出して頂く)
というような活動を、私はこの3年間やってきた。

くっつける方法としていろいろあると思うが、
おもに私はネットを使ってきた。
HP作ったこともあったし、
ほかのマネージャーの頑張りを可視化できる形で提示したりとか。
まあ正直、形としてはそんな大したことをやっていない。

誰かの不便があったときに、
それを例えば「ネット」というものを使って、
いかに繋げて便利なものにし、
そこに新しい価値を生み出すか(新しいものを作り出すか)
ということをやってきた。

社会に出てからも、
誰かと誰かをつなげて、今までになかったものを生み出したい!
(絶対利害調整に苦労するのは目に見えており、
実際部活でもこれで散々泣かされてきたし、
ストレス抱えてきたし、つらかったが、
自分が最も成長したいポイントでもある)

……と考えたときに、今選考を受けている企業は最適ではないかと思った。
なぜなら、日本で最大かつ多分最高クォリティの
「つなぐ」手段を持っているから。


ちなみに、全然違う企業同士をつなげて、新しい価値が生まれるんだなぁと
初めて思ったのは、Tポイントカードです。
あの複合的なマーケティングは凄いと思う。
(でもツタヤでこういうジャンルのCD借りている人は、
ファミマではこんな商品買って、
モスではこういうものを食べる傾向にあります、
って分かるのはなんだか気持ち悪いので、
私はあまり使っていない。笑)
ツタヤでファミマのクーポンが発行されるのは凄いと思ったし、
あれが上記のようなマーケティングに基づいているのならもっと凄い。

これから、企業の価値を高めるために文系の自分に何が出来るだろうと考えたとき、
全然異なる業種を俯瞰して、
つなげて、そこに今までなかった価値を生み出すことではないか、と思った。
自分にそれができるかは別だけど。笑

(3月の時点でもそんな企業に行きたくて、
某システムインテグレータさんを受けたが、
ウェブテストが難しすぎてES落ち……涙)

ツタヤの話でも分かってもらえると思うが、
特に流通業・サービス業かな。
医療とか教育でも良いんだけど、
別に新たな価値を生み出すことは目的でなくて、
医療や教育が向上する手段にすぎないし、
あと別に私自身、医療や教育に対する、そこまでたいそうな関心がない。
(本当に関心持っている人は持っているもんね)

流通・サービス業は、日本では特に消費が飽和状態らしいから、
マーケティングも難しいらしい。
だから、「何か新しいこと」に貪欲なのではないか。
というのはまあ完全なイメージである(私は商学部ではないし、
昨今のマーケティング動向に詳しくない……)

それで日本が活発になってくれたらいいなぁと思う。

自分、こことここをつないで新しいことができないかな?を考えるのは割と好き。
今までうちの大学でしか更新できなかったHPを、
他大も更新できるようにしたら、他大の人がHPに動画アップしてくれたのはうれしかったし。
(どうやら動画編集が得意な人だったらしい)

こんな日記を書いたのは、
先日この会社の1次面接にてフィードバックとして、

・学生時代頑張ったことは、面接官と話題を共有できるよう、
なぜそのような選択をしたのか、理由をしっかり盛り込むと良い。
(せっかくの頑張りが伝わりづらい)

・志望動機は、「つなげて新しいことを生み出したい」ということはわかるが、
もっと具体的にした方がいい。(うちの導入事例を参考にしてね)

ということだったからです。
明日に備え、よし具体的に考えてみようと思い、
それならキーボードで考えながら打ってみようと思った次第であります。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0
先輩のことHOMEタイトルなし

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/593-b2d6f938



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。