diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ Solid State Society ]
2010-10-11(Mon) 02:55:20
今日の夕方から明日にかけては何も予定が入っていない。

心に余裕を取り戻そうと、久しぶりにぶらぶらしに出かけた。
ずっと欲しかったリュックを買い(基本的に毎日ノートパソコンを持ち歩いているので、肩掛けだと右肩だけ凝って仕方ないのです)、本屋に行き、妹と夕食にインドカレーを食べ、そしてツタヤに寄って帰った。
DVD旧作レンタルが100円ということで、思わず「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」を借りて帰る。
「攻殻機動隊」はニコニコ動画で偶然見つけて以来、久しぶりに何かにハマったと思えたアニメ。

そういえば私があまりに面白いと話すものだから、最近妹も見始めたらしい。
色々と聞かれたので、DVDコーナー前で教えていたら、

「まず『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』を3回くらい見ると話がよく分かりますよね」

と同じようにDVDを物色していた人に声を掛けられた。
初めてこのアニメを知っている人と話をしたわ。しかし恥ずかしかった……

そして帰ってきてから今まで見ていたわけです。

攻殻はやっぱり面白い。語彙は難しいし、情報量多いし、展開が早くて多くて理解がなかなか追いつかないが。
そういえば、私のゼミは3年次にも論文を書くんだけど、私のテーマは攻殻が若干絡んでいる気がする。
元々ブログを通じた自己表現について書こうと思っていて、その意味でネットには興味があったんだけど。
検索とか最近(といっても古本屋で購入した本だから若干古かった)のネットにおけるビジネスモデル(amazonとかgoogleとか)の本を読んで行く中で、ネットワークについて凄く興味を持って。
そんなときに、このアニメと出会ったのだった。
並列化やstand alone complexという概念、“笑い男”の模倣犯が生まれる過程、それら全てとてもSFの世界の話とは思えなかった。
そこから興味を持って、今は現実の関係性とネット上の関係性の差異について書こうかと思っている。
さすがに構想発表で、「攻殻機動隊というアニメを見て興味を持ちました」なんて言わないけど。
(言ったら言ったで先生が普通に知ってそうだからまた困るんだけど)

SFなんだけど、確かに電脳化だの義体化だの電脳通信だのハッキングだの、フィクションも良いところなんだけど。
起こっている事件とか、根底にある思想とか、システムとか概念とか仮定とか、凄くリアルだと思う。
これを世界観が完成されているというのか?
フィクションとして、完成された物語やアクションが面白いけど、それを司る概念やシステム、起こっていることが果たして「フィクション」なのかについて考えるのが、個人的には一番面白いんだと思う。

話の設定を知った時(特に主人公がほぼ全身義体化されている人間だと知った時)は、自分が自分であると認知することをテーマだと思ったし、そこから興味を持った。
顔も身体も取り換えることが出来る、記憶も書き換えられてしまう可能性がある、その中で一体何を持って自分を自分と認識するのか(その答えが腕時計というのがまた考えさせられる)
フィクションで現実にはありえない設定を作り出すことで、今ある「当たり前」を相対化することができる、ということを理解できたアニメだったと思う。
アニメって単なる萌えではないんだ、哲学があるんだと衝撃を与えてくれた作品だった。

そういえば、Solid Stateというサブタイトルを見たときに、「リキッドモダニティ」を思い出した。
バウマンだっけか。流動的な社会。
その対比、あるいはその概念を念頭に置いた概念かと思ったんだけど、話追いかけるのに精一杯で分からなかった(^^;)
やっぱり1週間でもう1回見たいな……全然理解が追い付かない。
今度は色々考えつつ。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 3
説明会からの戯言HOMEそろそろ本気出す。

copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。