diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ふがいないや。いや。 ]
2008-07-30(Wed) 02:24:07
大学の知人たちと食事に行き、観たい映画、観たことのある映画の話をしました。
そうしたら、今までに無いくらいいくつも被る人発見!
去年予備校で、「めがね」(小林聡美主演の映画。かもめ食堂の監督のやつ)を見たいという友人と出会えたときも感動しました(ちなみに、他の友人たちはポカンって感じだったぜっ!)
しかし、やっぱり好きなものの話ができるのは嬉しいことだ。
「アフタースクール」、「百万円と苦虫女」、そして「サイドカーに犬」
これらタイトル全てが通じ、なおかつ「観に行きたいよねー」あるいは「観たよ」と言ってくれる人との出会いが、どんなに嬉しかったことか!
邦画“も”観るよ、って人は多いけれど、観に行く映画は邦画です、しかも東宝配給ではないこじんまりとした映画ですって人は、今まで知り合いにはいなくて。
もう一人、内心テンション上がりっぱなしで仕方が無かったわけです。笑

これはもう、是非映画一緒に見に行きたいものだ!
……と思ったのだけど、その人と私はそこまで深い知り合いのわけではないのだな(´-`)
週に1、2回会って、他愛の無い世間話やら、高校の話やらをちょいちょいするくらい。
“友人”というか、“知人”だし。
みんなと一緒にはご飯食べに行くけれど、二人では行ったことないし、メールするわけでもないし。
そんなやつからいきなり「映画観に行こうよー!」とかメールがくるのはどうなんだろう。
何こいつ、何で前触れ無く自分にそんなメール送るのか? って感じなのかやはり。
大学生は、接点が少ないから遊びに誘うのが難しいです。うーん。
その上明日から夏休みで、2ヶ月会わないというのもなかなか寂しいものです。

なんにせよ、こんなに些細なことで退屈で仕方ない一日が、楽しかった一日になるのだから、私はきっと幸せ者。
でも、ふがいないなあ。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0
まるで昔読んだあの漫才漫画HOME顔に出ないというのは、なんと損なことか

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/371-90be0b1a



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。