diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 一歩後退、二歩前進 ]
2007-12-01(Sat) 19:29:04
重い話はブログに書かないようにと思ってはいるのですが、たまには受験生らしい重たい日記です(^^;)





模試が返ってきました。模試と言っても河合駿台記述とは違う、一年間で一番大切で特別な、志望校実践模試のひとつめ。
A判B判は無理だとしても、C判定(ボーダーライン。合格確率50%)くらい取りたいと思っていたし、それを目指して4月からやってきたのですが。
全然駄目でした。終わってました。普通にD判定。合格確率は35%。
解き終わった終わった直後、英語に関しては他の教科より大分手ごたえがあり、事実一番良かったんですが、それすらD判定の枠を抜け切れていない状態。
さすがに落ち込みました。友達普通にCかBだと言っていたのを思い出して、尚更。
思わず封印してたパソコン取り出してブログ書くくらい、落ち込みました(^^;)

11月は、模試をたくさん受けました。それから最近は、授業でも毎日テスト。
その度にそれなりに出来れば自信も付くんだろうけど、どうにも結果は振るいません。
だから授業の度、模試が返って来る度、毎回結構本気で泣きそうになります。
認めたくないけど、出来ないところがいっぱいあるし、分からないところがいっぱいあって。
それなりに出来ると思っていた英語が散々だったり、数学何度も解いたような分野が出来なかったり。

そういう時ってどうしても、例えば前にやった私大の過去問だったり、過去に受けた模試だったり、比較的出来たものばかりに目を向けたくなるし、そればかり信じたくなってしまうのです。
それこそ、今回は疲れてたし分かってたんだけど選べなかったとか、多分スランプとかって自分に言い訳したりして。
本当は、ただ出来ないって事実があるだけ。スランプなんじゃなくて、実力不足。
でもそれを認めることは、必然的に合格できないって焦りや不安につながって怖いから、言い訳してでも回避したくなってしまうのですよ。
それでは駄目だと気が付いた、気がつける気力が付いたのは最近のこと。
まだまだ実力不足だときちんと認めて、出来るようになるためには、合格するためにはどうするか、冷静に考えて対策しないと受からない。
出来ない自分から逃げずにしっかりと自覚することは難しいし、勇気がいることです。
それこそ涙出そうになるくらい、悔しいことです。
でも、逃げない。D判定の実力しかないことは、しっかり認めます。認めるしかない。
落ち込むよりも、なんで出来なかったのか、何が足りないのかを考え直さないと意味が無いから。

来週か、再来週か。もうひとつの実践模試が返ってきます。
この分だと、合格確率20%以下かもしれない。その可能性は大分高い。
相当落ち込むと思うけど、やっぱり合格したいから、今年は駄目で出来ない自分と最後までとことん向き合おうと思います。

今日日本史の補講を受けてて、先生が二・一ゼネスト中止の時だったかな、首謀者が恐らく悔しくてラジオで泣きながら言ったという言葉を、さらっと紹介しました。
「一歩後退、二歩前進」
そうなってくれるように、日々頑張るしかありません。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0
プラス1割5分希望HOMEああミムラ。だってミムラ。

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/314-27e38867



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。