diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ キサラギ ]
2007-07-20(Fri) 20:07:42
今週で前期の授業も終わりです。
というわけで、前期お疲れー夏休みも頑張ろうぜ! の意味を込め、今日は「キサラギ」を見に行ってきました。
浪人生的に、学生料金1500円はちょっと痛手だ。
でもまあ良いや、むしろ良かったと、許せる出来でした。
もう期待していた通りどころか期待以上に面白かったので!

そもそもこの映画を見に行きたくなったきっかけは、出演している5人の俳優さん。
ヤフーのインタビューでの、非常に仲の良いやり取りに惹かれたのです。
映画にもそれは、ばっちり反映されています。
器用に、チームワーク良く、そして最高にテンション高く面白く演じられてて素敵でした。

「もしかしたら、こうなのかな!」
と観てて思うことがありませんか? 読めるだよーとちょっと自慢げに呟いたりして。笑
「もしかしたら」と思う伏線、それが本当に綺麗にほどけていくのがこの映画で、見ていて気持ち良いんです。
……って感想は陳腐だと書かれていましたが(笑)、面白さのひとつは絶対これだと思うし、この映画の魅力のひとつだと思う。
綺麗にほどけていく、「もしかしたら!」と思った答えが待っている。
でも先が読める話、ありきたりな話、と簡単には済みません。
それを超える展開が、次にはまた待っています。
コメディかと思えばサスペンスになり、謎が謎を呼び、謎が深まるに連れ、しんみりとした心地よい寂しさに襲われ……
二転三転していく話に、次は一体何が出てくる! とワクワク。

そしてなんといっても、5人の出演者のキャラクターが◎
おたくなんです、要は。アイドルの1周忌に集まるおたくの話ですから。
でもステレオタイプには描かず、非常に愛すべきキャラクターに仕上がっているのが印象的。
「花より団子」に「電車男」に「花ざかりの君たちへ」と正直小栗旬に苦手意識を抱いていた私ですが、普通に見れました。最初は小栗どこーと思っていた。ずっと映ってたっつーの。笑
むしろ小栗演じる家元さんには同情やら賞賛やら、ちょっと格好良いじゃんやら様々な感想抱かせてもらいました。笑
香川さん最高。ユースケの役も、ユースケが演じるからこその面白さが散りばめられています。

いやーとにかく! 面白かったです。
邦画のコメディ好きさんは是非v な映画でした。
スポンサーサイト
映画TB : 1CM : 0
夏休みのある小学校時代に帰りたいHOME知恵をつけなさい将来負けないように

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/282-89f9cefc


「UDON」の本広監督の作品。この人、やっぱり目の付け所が違います。「UDON」もそうだけど、フツーの人なら、こんな題材で映画作りません(笑)面白かったです!!!コメディとして最高だと思います。踊る大捜査線の本広監督らしくよく作りこまれていると思います。過去に未来
2007-08-16(Thu) 22:20:19 | 邦画をあなたに捧げます

copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。