diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 気が付けば ]
2005-11-19(Sat) 23:25:54
明日が休みで浮かれ気味のかなんですΣd(>▽<*)
さてさて日曜日を前にして、家には未読の本がたまってしまってあららら~(^^;)な感じです。
気が付けば、

弘海 息子が海に還る朝(市川拓司)
小学生日記(hanae*)
薬師寺涼子の怪奇事件簿(田中芳樹)
怪盗クイーンの優雅な休暇(はやみねかおる)
air(名木田恵子)

とまあこんなどっさりと。ついでに英語の課題図書まで。
まあひとついえることは、
相変わらず色々と偏っていると思うのですが。
夏目漱石とまではいかないでも、まともな本読もうよ自分、と書いてて思わずガックリしてしまうのですが。
未だに小学生が読むような本読んでいるのもどうかと思うのですが(^^;)
でもはやみねさんは面白いよー。
彼の本読んでると小学校の頃の楽しかったこととか憧れていたこととか感性とか思い出させてくれる感じがする(とか言ってみる)
市川拓司はやっぱり現代ファンタジーなのかなぁ。
この人の一人称の文体が結構好きで、見つけるとついつい手にとってしまうのですね。
あんまりファンタジーは好きじゃないんだけど(ハリーポッターも何度読んでも途中で挫折する)この人は普通に恋愛とか家族愛の小説として読むなぁ。
薬師寺涼子は友達に呆れられながらもやっぱり文庫本になると登場人物の面白さに惹かれて買っちゃう。
傍若無人の女刑事っていうのは何だか面白い。それに使いパシリのようなひ弱な部下がいたりするともっと面白い。さすが田中芳樹だけあって、どっかで見たことあるようなお偉方はバシバシ叩くし。
ある種ストレス発散?
これはまさにそんな本。笑
小学生日記は一時●タヤにどっさり積んであって気になってたので図書館で借りてみました。
で、問題は一番最後のやつ。
私図書委員などというものをやっているのですが、先日のお仕事日のこと。

先生「おつかれさまー。それ片付けたらもう帰っていいよー」
私「はーい」(と返ってきたairを本棚に返そうとする)
先生「あ(airを見て)、それ面白いらしいよー?」
私「へーそうなんですかぁ(さっさと帰りたい)」
先生「借りたら?」
私「はぁ……(他にも読みたい本あるんだなぁ)」と本棚に入れようとしたところ。
先生「文章も簡単だしそれくらいならすぐ読めるよ」
私「へー……」(と言いつつ借りない理由を考えてやっぱり返そうとする)
先生「借りないの?」
私「……」
先生「借りなよー。こういうものが運命的な本との出会いだったりするんだよ」
私「……じゃあ借りようかな」

……負けました(--;)
先生のあまりの強引さゆえに借りてしまったようなものです。
面白いのかしら……
返却日に遅れるわけにもいかないしなぁ……
感想とかも聞かれるのかなぁ(^^;)
自分から「よしこれ読みたい!」って思わないで借りた本とか何だか読むの遅れちゃうんだよね……
スポンサーサイト
今読んでいる本読書TB : 0CM : 0
サトラレHOME君を信じて良いのですか

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/27-779c71ba



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。