diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 合言葉は妥当です ]
2007-06-01(Fri) 23:06:54
現代文の、比喩のことをメタファーとか文章のことをテクストとかいう文章が苦手です。
文の終わりに「*メタファー…比喩のこと」とずらずら羅列してると、参照するの面倒だよだったら日本語で書けよと思うのは私だけなのでしょうか。
「つまりエキサイトメント」とかカタカナで書かれた日には「欧米か」を連呼したくなります。
「いかにも評論っぽい単語使ってる俺って格好良い」と鼻高々にパソコンに向かう白髪交じりの筆者を想像してしまって腹立たしいんですよね、何だか。勝手にごめんね筆者。

最近、小論文の授業に悪戦苦闘しています。
受験でほとんど使わないのに、後悔したくないのひと思いで取ってしまったのがこの講座。

何といってもこの小論文の時間、調べてる単語が、
思想の自由、天皇、公共の福祉、幸福追求権……
で、一番使っている辞書が「よく分かる法律辞典」笑

おかしいだろ。何だかこれおかしいだろ。
小論文といったら、「マスコミって一面的で駄目だよね」「子供の事件って一般化しすぎで駄目だよね」「靖国って難しいよね」のどれかに結び付けて書くものだろ(お前が駄目だろ)
ある日に書いたのは、
「両者の権利は幸福追求権によって保障される。しかし今日の現状を考えると、Aには公共の福祉が適用され権利が制限されても仕方が無い」
うーむ、専門分野やってない素人がこういう文章書くのは如何なものなんでしょうかね。
法律に興味があるので、単純に書いてて面白いというのはありますけど。

その元となる知識が不足しているので、難しいんですよね。
もっと世の中をしっかり見てきちんと自分なりに考えなくちゃなぁと毎週思わされてしまいます。

当然授業内に終わらなく提出時間5分前まで書いてて、走って提出箱に出しに行ったことも。
思わず頭に、ビギナーの楓ちゃんが思い浮かびました。笑
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0
ただ問題は線が細いことHOMEさっきから笑ってばかりだね

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://clearblue.blog32.fc2.com/tb.php/267-ad5ce49d



copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。