diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 足切り?切られてから考えろ! ]
2007-01-26(Fri) 18:07:55
リサーチ返ってきました。
うん、予備校によっては普通に足切りだった。
平均的に見ても、恐らく私は志望学部の足切りボーダー辺りだと思う。
10点ならどうしようもないけど、もしかしたら2、3点で切られるかもしれない。

この2日間、本当に悩んだ。
何を優先すべきで、何を切るべきか。
学部を優先するのか、学校を優先するのか、最悪浪人まで考慮にいれるか。
で、決めた。
やっぱり前から目指してた法学部にかける。
それで砕けるのが多分一番諦めも付くと思う。
あっさりそう言ったら、先生は「良かった、この間は本当に諦めてたから……」って。笑

リサーチ出しに行った日は、同じ学校目指してきた人頑張ってね、って感じだった(^^;)で、先生に怒られた。
でもそれは完全に見切りをつけてて、すっきり気持ちを入れ換えていたから。
なのに今は諦めは付かないし、目指したいけど切られそうだし、一番揺れてる。
勉強はどこ対策でいくか迷うし。
余裕でボーダー超えた子には「もう終わったこと気にしても仕方ないでしょ」とか言われて、それは正論だけど、余裕無い身としてはカチンとくるし(^^;)

まあでも、その通りだね、やっぱり。
私はいつもその子に言われて気付く。
受験勉強始めたときもそうだった。
その子の一言で、本気でやろう! って思った。
ちょっとカチンとくるときもあるけど、何にもならない慰めじゃなくて、建設的って言うか、正しいことを言ってくれる。
足切り気にする暇があるなら、頑張った方が良い。
いくら足切り気にしたって、今は誰にも分からないんだから。
落ちるときは落ちるし、奇跡が起きるなら起きる。それは私も、あと10点取った人も、多分確実って人を除けば、同じ状況な気がする。
だったら、人より足りない分、2次で挽回できるように頑張らなくてどうする。
本当に行きたい学校なんだから、気持ちで負けないようにしないと。
足切りくらったら、その時はその時。
それでも行きたい学校なら親頼み倒して浪人する。
時間はかかったけど、そう決めた。
でもやっぱり不安にもなる。
だから、あまりこういうこと書かない方がいいんだろうけど、決意表明。笑

「理論武装で攻めかったと思うなバカタレ!」
「分かってる、仕方ないだろ。他に打つ手だて無くて」
「威勢が良い割にちっとも前に進めてないぜっ!」
「黙ってろ、この荷物の重さ知らないくせして」
ランニングハイの最初の部分はなんか妙に共感する。
説教されてる感じもする。
威勢がいいだけで前に進めなきゃどうしようも無いよね。
足切り覚悟で前に進むぜっ。
スポンサーサイト
携帯からこんにちはTB : 0CM : 2
くだらないものほどHOMEさればよ……

copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。