diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ さつ☆ばつ ]
2012-11-03(Sat) 12:32:46
こんなにブログを更新しなかったのは初めてかもしれない。

お久しぶりです。
顔は毎日死んでますけど生きてます。
社会人になって半年が過ぎました。
次々飛んでくる仕事に溺れながら、がむしゃらになって必死に毎日捌いています。
専ら先輩や上司や隣の席の係長から嫌味を言われたり苦笑いされたりしながらも生きています。

社会人になって、もっと色々なことを気を付けないとなぁと思わされました……
なんていうの? 今までの生き方が雑すぎたことを反省しました。。。

この半年で言われて反省したこといろいろ。

○家用のお土産におまんじゅう5個セットを買おうとする→上司からケチすぎると12個入りに替えられた。
その後指導係に意気揚々と陰口を叩きに走られる。「あいつ5個しか買わないとかケチすぎ」
面倒くさかった、とても。そんなことまで気にされるんだな、と思った。

○電話メモを残す→「なかなか独特な字を書かれますね!(笑)」
それからその係長に残す電話メモだけはめちゃくちゃ丁寧な字で書くように心がけるようにしました。

○ホチキスを外す→隣に飛ぶ→「たまに芯が落ちてるのはあなたですね。いやーこれからもどんどん飛ばしてくださいね!(笑)」
その日のうちにすぐホチキス外し買いました……今まで本当にすみませんでした……

○島同士で仲が悪い。互いの島の新卒の出来の悪さを言い合っているようだ。

○「完全に余計なひと言(笑)まあ正しい一言だけど」
もう何も言うまい、と堅く思いながらも今でもやらかします、これ。


世の中酸素吸っているだけで他人からは疎まれるんだな、と思いました。
こんな自分と仲良くしてくれていた友達のありがたみがより一層感じられました……
最近人に話しかけるのがコワい。
人にお願いしたり頼む仕事とかほんと憂鬱。

小さいころ、母が話してくれた色々なこと。
お箸の持ち方が汚くて、それを言われて恥をかいたとか。
きっと、それはすべて今私が経験しているのと同じ。
だから母は厳しくしかってくれたのだろうし、習い事もやらせてくれたんだろうな。

母親って有難いな、って思いました。

とまあ、私にかなりの非があることは認めるんですけど、それでも私の職場は常日頃からアットホーム(笑)とはほど遠いと感じているけど、それでもなんか殺伐としているって言うか、空気が淀んでいるというか……
という気がしていたのだけど、やっぱりそうなんだろうか……
同期から「(私)のいる階は空気が違う。ピリピリしてる」と言われるけど。。。
指導係からも以前「ここは特殊だよ。あなたの今まで生きてきた世界でのコミュニケーションが間違ってるわけじゃない。それがふつう。ここでのことは修行だと思って」と言われて本当に泣きそうになったけどwww
これは入社する前から感じていたことだけど、確かに私の階にいる人たちは目が死んでる。
「生き生き」からはほど遠い。
まあ、それでも楽な方だとは思うけどね。。。

学生時代、1年生の頃、見せるつもりの無かったものが見えてしまっていて、それをケータイで取られた挙句、部活のメーリスで回されて、みんなにひそひそと噂されて大泣きしたことがあった。
4年間で一番、本気で部活を辞めたくなった瞬間だと思う。
(そのときその行為を「やりすぎ! ひどすぎ!」と怒ってくれた先輩には本当に感謝してる)

社会人になって、家族とそのときの話をしたんですよ。
そしたら、「今度そんなことがあったらあなたが謝らなければならない。見せてしまってすみませんでしたと言わなければならない」と言われ、ああ、まだまだだな……と思っています。
大ざっぱだし、とにかく自分が傷つきたくなくて、仕事も中途半端になってしまうことが多いけれど……
感情押し殺して、丁寧に丁寧に、きちんときちんとを心がけないといけない。
つらい。はっきり言って憂鬱。全然楽しくない。でも頑張らないといけない。
仕事出来る人は、やっぱりそういうところもきちんとしている。
きちんとしているからこそ、おそらくきちんとしていない人の行動がいちいち気になるんだと思う。
頑張ろう。まだまだ出来るはず。。


最近の息抜きはもっぱら同期たちとのお昼。
年齢もバラバラだし、趣味もみんなとがっているし(アイドルヲタにアニメヲタに専ら楽器吹きに)、部署も違うけれど、がむしゃらに頑張っていることは一緒で話していると安心します。
休みの日にいっしょにアイドルのイベント行ったり、服買いに行ったりもして。
そういえば中高も大学もそういう友達ってあんまりいなかったなぁ。
会社でも数は決して多くないけれど、そういう友達ができたことは本当にありがたいことですね。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0

copyright © 2012 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。