diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 概念定義 ]
2012-02-29(Wed) 02:05:19
今日も今日とて「友達っていったい何なのかしら?」みたいな話を振られた。
今年入ってからこれで3回目? もしかしたらそれ以上かもしれない。
きっと私は一生こういうことを考えていくのだろう。

世の中がグローバルだのなんだので盛り上がり、
近頃は外に出ていかない学生ばかりだと嘆かれ(まあ嘆かれる側にいるのもあと1か月だ)
その代表みたいな生き方をしている自分。
免許すら取らないことを驚かれる程度に私はドメスティック野郎ですが。

もし、自分に役割みたいなのがあるのならば、
きっとそういうちまちまとした問題に関わることなんだろうな、と思った。
大きな世界なんかじゃなくて、
小さな人間関係や、そこでの小さな概念の差異みたいなものに、
きっと関わり続けていくんだろう。


自分と全然価値観の異なる人と、3年ほど前から同居している。
全く価値観が異なるゆえに、正直バトった回数は数知れない。
相手を泣かせたことは何度もあるし、私自身何度も涙を流している。

今日も価値観の違いが顕著になる話をしたが、
「価値観が異なるし、直面して経験している現実があまりに違うので、
多分理解するのはお互いの立場に立たなけいれば無理だと思います」
と感情的にならず話せたこと、「そうね」と同意を得られたことは、
個人的にこの3年間で最も成長した場面だと思った。

私は、どんな人に対しても一定の距離感があったほうが、多分うまい付き合い方ができる。
距離感がゼロでもなんとかなるのは、多分妹だけだろう。
その妹ですら、高校卒業したあたりから考え方の違いが目立ち始め、
今ではずっと一緒にいられるかどうか、結構怪しい。

だから、全く価値観の異なる人との同居というのは、
お互いにストレスフルなことは明らかだった。

「私」を理解してもらうにはあまりに時間がかかり、
私が普段、すっごい機嫌が悪そうだったり、
部屋にこもっていたりするが、
数週間に一度くらいはきちんと会話に参加する、
そんな面倒くさい性格であるということを理解してもらえたのは本当に最近だと思う。

多分、一人暮らしをした方が、家族(特に父とその人)ともうまく付き合えるし、
きちんと悩みとかを聞いて、大人として何かしらのアドバイスやらが出来るのだろうと
今日ふと思った。

私は依存されるのもだめだし、依存するのもあまり得意では無いのだろう。
本当はかなり独占欲が強いのを自覚しているけれど、
(大好きな友達がほかの友達のことを嬉しそうに話して来たりするのすら嫌い)
でも、自覚しているからか、あまりそういう態度をとらないようにしているとは思う。
無意識にとっているのかな。分からん。
たまーに会って、話をするのくらいがきっといいと思う。

そして基本的に会話が(棒)らしいので、依存されることもまずない。
人生で一度だけ。小学校の2年間だけ。
棒読みやめなよ! 感情のバリエーション増やそうよ! は本当によく言われる。
すみません。

やっぱり1年以内に家を出るべきかなぁ。
一人暮らしをしたら、なんとかなるとは思うけれど、
なんだかんだ、一人暮らしはこわい。
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0

copyright © 2012 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。