diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 東京→長野→富山→長野→東京 ]
2008-12-31(Wed) 18:50:16
2泊3日で富山に行って来ました!
富山は前述したとおり、小学生のとき、親の転勤のため3年間住んでいました。
考えてみれば唯一関東圏以外の地域に住んでいたのが富山で、そういう意味では他の旅とは違い、帰省に近いものがあったかもしれません。

というわけで早速。

081230_1009~01

富山駅!

今回の旅では、今の富山を家族にも伝えるため、いつも以上に写真を撮りました。
道路やら幼稚園(昔通っていたとこね)を撮っている姿は相当怪しかったに違いない(^^;)
住んでいた当時が小学生だけに行動範囲が狭く、富山駅周辺数キロ以内を歩けば一通り見たいところは見れてしまうのが楽で助かりました(^^)
さすがに今から10年以上前、風景は覚えていたり覚えていなかったりなんですけど……

そんな思い出の地巡りの中で一番心打たれたのが、母校が取り壊し中だったこと。

081230_1039~01   081230_1041~01

廃校になるという話は、ずっと前から聞いていて知っていたけれど、いつという話は具体的に知らなくて。
まさかちょうど取り壊されている最中とは、思いもしませんでした。
よく遊んだ校庭からは遊具が撤去され、かくれんぼした音楽室や教室は壁紙や黒板、天井が剥がされてコンクリートむき出しになっており、校舎そのものがなくなっていた場所もありました。
寂しいし、切ない。言葉にならなかったな……
昔住んでいた家も、今は完全に無くなってしまっていたんだけど、跡形も無かっただけに感傷に浸る隙すら無かったのです。
クラスで芋を育てた菜園とか、春休みこっそり苺を摘んだ花壇とか、妙に印象深い考える人の像とか、夏休み足しげく通ったプールとか。
残っていたものたちを見ては、色々なことを思い出しました。
でも完全に無くなってしまう前で良かったな……

ちなみに幼稚園も14年ぶりに見に行ったんだけど、こっちは恐ろしいくらいに何も変わっていませんでした。笑


今回は決行を決意したのが前日だったため、計画は「まずは長野に行き1泊、次の日富山に行って再び長野に戻り1泊、東京に帰ってくる」しか無かったのですが(^^;)
だけど楽しかったです。思い出の地回れたのは言うまでも無く、あと景色が◎。
長野→富山間の移動で、信越本線という電車に乗りまして。
これが朝の6時半くらいだったのですが、ちょうど太陽が山から顔を出すくらいの時間で、朝焼けで空が赤から薄い青へのコントラストになり、地面は一面雪で真っ白という、この対照性が綺麗でした。
富山も長野も市街地は全然雪が無かったけれど、信越本線沿いは結構積もっていて、

081230_0659~01

こんな感じ。

あと長野と言えば善光寺にも行ってきました。

081231_0746~01  081231_0745~01

昨晩降った雪で白くなった善光寺も、なかなか洒落たものでございました。

そうえいば、これは朝の7時半くらいに行ったんだけど、偶然お出かけなさる和尚さんの行列と出くわしました。
「どうぞどうぞ」と警備員さんに声をかけられるがままに、右に倣えで道路に膝をつき頭を下げて、(やっぱり頭がたかーい! 控え! って感じなのか……)と思いつつ手を合わせていたら、和尚さんからばしっと数珠(結構重い)を頭にのせていただきました。
予想していなかったのでダメージが結構ありましたが(笑)、滅多にお目にかかれないであろう光景を目にできて嬉しかったです。ご利益もありそうだし(^w^)笑

今回の長野・富山旅行はこんな感じでした。長い(^^;)
道中、嬉しいこともあったりで、まだまだ書き足りないこともたくさんですが(笑)またそれは機会があれば。
みなさん良いお年を(^^)
スポンサーサイト
徒然日記TB : 0CM : 0

copyright © 2008 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。