diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 40分並んで見るのは5分 ]
2007-06-09(Sat) 20:24:39
行ってきました、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」を見に国立博物館へ。
いやー念願叶ったり。本当に良かったです、学生料金で見られて(そこかよ)
学生定期でも学生料金で助かりました。
1500円(大人料金)は流石に痛い……

一番感銘を受けたのはダヴィンチが人の感情まで研究して絵画に生かしてたということ。
「最後の晩餐」を書き上げるために、どんな感情をもった人はどんな動きをとるか、表情を取るかまで研究したと。
確かに、いきいきとした絵をかくために、本物に近づけるためには当たり前なのかもしれないけど、一番それが印象的でした。
小説や映画のシナリオは、人の内面を写し出すものだから考えるものなのかもしれないけど、絵はもっと表面的なものだと思っていました。
いや、失礼だったなかなり。
解剖学やら数学まで勉強したそうですよ。
たった一枚の絵を描くためにそこまで勉強する姿勢は尊敬してしまうし、ある意味羨ましい。

今日は朝から「空中庭園」(角田光代)「ありふれた風景画」(あさのあつこ)も読めて、幸せな一日でした。
「空中庭園」はタイトルが開放的でお気に入り。
でも内容は間逆ですね。人が内面に隠してることの話だけに、ちょっぴりドロドロ。
角田さんは、人物の書き分けが物凄く上手くて、全員存在がリアル。
だからこそ読み終わった時、強烈に誰かに秘密を教えられたような重さを感じます。笑

「ありふれた風景画」は、前に週刊誌で読んだあさのさんの「自分にとってこの人だという人に出会えると世界が変わる」という解説が印象に残っていて、図書館で見つけ即借り。
単に友情かと思えば、予想外の恋愛話にびっくりし、とまどいいつつ。
中高の頃って、世渡り身に付けつつ、自分のことを本当に分かってくれる人に、受け入れてくれる人に物凄く出会いたいと思うものかもしれない。
じゃないと自分というものが不安になるのかもしれない。
要はそんな本なのかなぁ、という感じです。
ちょっと変わった恋愛だけど、淡々とした文体が綺麗でした。

そういえば中高の頃、自分がどう見られてるか凄く気にする歳なんだとはよく思っていました。
毎年「○○ちゃんの印象は!」を書くたび、それが印刷された冊子が届くたびに。
あれ書くのは面倒だった……届けば結局見てたけど。笑

あ、バトン拒否でいいよね?>kちゃん。
あのキャラって日記で一人語りできないよね、誰かに言われたことに対して答えるのならまだしも。
スポンサーサイト
読書TB : 0CM : 0
  [ 地味で退屈な事柄にこそ神が棲む ]
2007-04-21(Sat) 17:37:40
「重力ピエロ」読了!
伊坂さんの本は、なんつーか引用が多いっていう印象です。
ガンジーやらサドやら出てきて、教養本を読んでいるような、そんな感じ。
でもそれを、会話のテンポで読ませてしまう。
そこが凄い。
だから映像化されるんだろうけど、この会話のテンポは多分この人の世界観だから通用するんだと思う。
現実には有り得ないテンポな気がする。

最近、焦るように本を読んでいる。
1週間で3冊は軽い。
1日の中で、必ず本を読む時間を作ったりして。
なんといっても図書館に、読みたい本が多すぎるのです。
下妻完結編やら、パスワードシリーズの多少対象年齢が上向きシリーズやら。
伊坂さんもあるし、奥田さんもあるし。
買うほどでは無い。でも、ちょっと気になる。
そんな本が遠慮なくどんどん読めるところが良いよね。

「重力ピエロ」の中に出てくる、
「地味で、退屈な事柄にこそ、神様が棲んでいるんだよ」
って言葉が気に入ってしまった。

例えば、勉強ってやつは、派手で、楽な方法に飛びつきたいけど、地味で退屈な方法が一番成長する近道だったりする。
自習も地味で、退屈で、毎日やってると私何やってんだろうと思う。
去年、夏と冬以外はひたすら自習の毎日だったからな。
ある日突然、不安感に襲われる。
私は何やってきたんだろう? これで本当に受かるのかな。
去年、何度も思ったよ。
でも、その地道な頑張り、そこにこそ神が棲んでる。
神っていうのは大げさか。成長する力っていうか。
改めてこの一言は、簡潔にに、さらりと、でもちょっと格好良く(笑)、そう思わせてくれたよ。笑


ああ、映画も観に行きたい。
本当に遊んでばっかりだなお前、と言われると苦しいのだが(^^;)
「神童」「バベル」「クイーン」
この辺りが気になりますね。珍しく洋画があるw
来週、どれか観るのを楽しみに、来週はやっていこう!
最近一人で映画観に行くクセがすっかりついてしまったんだけど。
夕方まではやっぱり勉強しなくちゃいけないから、誰かそれから遊ぼうよ('▽'*)ノ笑
読書TB : 0CM : 0
  [ 大人気無い生活 ]
2006-08-15(Tue) 18:12:39
ちょっと色々あって気持ちが下降線気味でしたが、パソコンやっていたら直りました。笑
わっはっはっは、ビバ単細胞!

私の大好きな作家さんに「はやみねかおる」さんという児童文学を書かれる方がいらっしゃいます。
主に子供向けのミステリと、冒険モノを主に書かれる作家さん。
小さい頃男の子並に冒険っていう行動やら言葉やら大好きだったので、もう今でもはやみね作品はかなり好きでほぼ読んでるんですが。
夢水シリーズ、講談社文庫になったのですねーっ!
今でも読み続けている私が言うのもなんですが、あれ子供向けなのに!
まさか文庫化するとは!
講談社文庫→青い鳥文庫っていうのは見たことあるけど(宮部みゆき作品「今夜は眠れない」シリーズとか「ステップファザー・ステップ」とか。なかなか読みやすいしね)逆は見たことなかったです。凄いなはやみねさん!
あと新刊もでるそうで。「ハワイ幽霊城の謎」というタイトルらしい。
9月に発売日が延びちゃったそうで……夏休みに読みたかったですね。
もう高校三年生で、とっくに子供じゃないけれど、彼の作品だけは別。
多分大学生になっても、こっそりどうにか読み続けるんだろうなぁ。大人気なく。
パスワードシリーズとか、小学校から中学にかけて好きだった本は他にもあるけど、結局飽きて読むの辞めてしまったのに。
登場人物が魅力的っていうのもあるかも。
三つ子に記憶力も常識も無い名探偵、変人だけど筋は通ったボーイフレンド(?)に、張り切りすぎる新聞記者。
いまどき珍しい日本の母に、パソコンの前に座ると豹変する後輩。
変だ。笑 書いてて明らか変だ。
でも登場人物が魅力的な本って、本自体が魅力的になる。
ドラマもそうですね。
きちんとしたストーリーがあるのはもちろんで、その上やっぱり登場人物に魅力がないと!
読書TB : 0CM : 0
  [ 世界一周 ]
2006-07-14(Fri) 19:52:13
昨日の夜、世界一周の本を読んでいました。
ずっと前に、何かの本と一緒に衝動買いしたやつ。
某古本屋チェーンで、単行本2冊で1200円フェアをやっていまして。
その何かの本が900円くらいだったので、どうせならもう一冊高いの買っちゃおう!ってノリで、買った本でした(このあたり貧乏根性)
写真が綺麗で、勉強のお供にいいかなーってしまってたんですけど、
久しぶりに引っ張り出して、前頁かなり真剣に読み通しました。

ものぉーすごく世界一周したくなったね!!笑

ていうか海外に行きたい!
ていうか海外のスーパーに行きたい!笑

別にスーパーじゃなくてもいいんですけどね、
国のことが分かったり案外楽しかったりするのは、地味にスーパーだと思います。笑
オーストラリアの、大量かつ大きなペットボトル(全てジュース)とか!
日本と違う感じの野菜売り場とか(とりあえず切って袋に入ってるもの多数)
雑誌置き場とか、英語ばっかりで(当たり前なんだけど)
案外そんなところを結構覚えてたりするものですね。
異国のスーパーは楽しいです。
中国のスーパーとか行ってみたかったかもしれない。
で、日本製品見て絶対「うわー日本じゃん!」って言う(地味)
フランスも行きたいなー。シャンゼリゼ通りもいいけど、
モンマルトルだっけ、可愛らしい場所、行きたい。
アメリカも一度は行ってみたい、無駄にでかいスーパーとか(結局)

受験終わったら世界一周しようよと思わず言いたいところですが、それはさすがにちょっと無理って思うので、モバイトして海外行こう行こう卒業旅行、くらいは言うだけタダかなと。

060714_1937~01.jpg

表紙にひかれて衝動買いしてしまった本。
読むとちょっと日常も楽しく見えたりするかもしれない。
高橋歩さんの本、他のも読みたいわー(^^)
読書TB : 0CM : 0
  [ 世界は驚きに満ちている ]
2006-05-09(Tue) 20:18:50
「陽気なギャングの日常と襲来」無事ゲット(*^▽^*)
続編出るって知ってから密かに楽しみにしてたのよー。
朝目覚ましテレビ、ブックランキングの注目作だったのでびっくり。
この間友人さんが映画のチラシ持っててびっくり。
佐藤浩一いいよねとか言い出す人がこんな近くにいたのかとびっくり。
明日発売だけど、もしかしてあったりしてwと大きな本屋さん行ったら普通に置いてあってびっくり。
世界はまだまだ驚きに満ちています(ぇ)
読むのが楽しみ。

「本を楽しみにするって分かんない」とこの間言われたのだけどねー、でも楽しみなものは楽しみなのですよ。
本でもドラマでも映画でもCDでもそれは同じ。
多分この期待膨らませて待っている時間が一番楽しいんじゃないかなぁといつも思います。笑
あれだ、遠足の前夜寝れない子みたいな。笑
実はその時間が一番楽しかったりするみたいな。

本といえば。
この間「野ブタ。をプロデュース」がブックオフで100円だったので衝動買い。
その日は一日古本屋と本屋ひたすらはしごしてたんですよね。勉強やる気起きなくてね(^^;)
電車に何度か乗っているうちに読み終わってました。
原作、信子(?)じゃなくて信太だし、彰は出てこないんですね。
ドラマとはかなり違うのでしょう、おそらく。
とはいえ文体が非常に若者言葉、会話文はまるでメールのようで、堅苦しくないんですよねー。
本を読んでるっていう感じがあまりしないというか、とっつきやすい本だと思います。
ドラマ面白かったらしいけど(あんまり見てなかった……)原作も良いですねこれ。
読書TB : 0CM : 4

copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。