diary

のんびりまったり徒然なるままに。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 完徹とかいつぶりだろう ]
2008-05-16(Fri) 05:08:53
ただいま午前5時。本当に珍しく起きています。完徹っぽいなぁ。笑
昨夜は友人と飲みに行ったのにも関わらず、体調が不安でアルコール1杯にしておいたら、結局帰宅後眠気が吹っ飛びました。笑
そのまま「ラスト・フレンズ」を見てしまい、気がついたら午前5時……

しかし「ラスト・フレンズ」
このドラマ、凄くないか!? と久しぶりに思わされました。
語彙が少ないので上手く説明できませんが、タケル(瑛太)が瑠可(上野)に向ける想い、瑠可が美智留(長澤)に向ける想い、美智留の宗佑(錦戸)への想いが丁寧に表現されていて、見ていて誰かしらに感情移入してしまうんですよね。

好きだからこそ離れていってしまうことが不安で、素直になれない、心を許すことが出来ずに距離感を保ってしまう瑠可と、親友と思っているからこそ、そんな瑠可の態度が悲しくなる美智留。
家族に恵まれなかった者同士、分かり合えるのはお互いだけだと思い込み、宗佑のDVに耐え続けた美智留。
友達として信頼しているから、自分の人には言えなかった秘密(=性同一性障害であること)をタケルに打ち明けようとする瑠可と、好きだからこそ瑠可を優しく見守り続け、告白してしまうタケル。

この報われない関係が上手い。見てて切なくなってしまうのです。
シェアハウスに戻ってきた美智留と瑠可の気まずい関係を、タケルが仲介し、無理やり二人乗り自転車に乗せることで解決させてしまうという描写が良かったです。
さらに、程よい感じに現れては美智留を束縛しようとする宗佑が、場面に緊張感を与えるんですよね。
まさに、「振り向けば錦戸」笑

このドラマ、登場人物が何かしらの大きな悩みを抱えています。
でも、案外普遍的なところで描いているんじゃない? とも思いますね。
何話か前に瑛太が言った「人がどれくらい孤独かなんて、はたから見てるだけじゃわかんないよ」という台詞なんて、まさにその通りだと思うし。
そのなんていうか、他人から見れば分からないかもしれないけど、人は誰にだって悩みがあって孤独であるってところで共感を呼ぶんじゃないかなぁ。
今回の最後、瑠可の“秘密のために、心に壁を作っていて、誰もそこに入れることはできないでいる。でもタケルには打ち明けてしまいたい”ってところだって、瑠可と同じ悩みの人は少ないかもしれないけれど、“悩み”を抱えている人という括りならば、多くの人が思うところがあるのではないかと。
もちろん、感情が丁寧に表現されているところも面白いし、ネタ満載な面白さもあるんですけど。
錦戸が出るたびに声は上がるわ、一話の最後で上野と長澤のキスとか、もう「えっ何今の!? は!?」って感じでしたからね、我が家。笑 見事に乗せられている。笑
スポンサーサイト
ドラマTB : 0CM : 0
  [ 察して欲しい、何とも微妙なこの気持ち ]
2008-05-02(Fri) 22:23:14
本日ようやく「パズル」初見!
事件のトリックやら散りばめられている“パズル”やら、推理モノっつーか小さい頃好きだったとんち問題解くようで、良くも悪くもユルい感じがなかなかたまらないですね。
トリックほどの世界観の完成は無いものの、石原さとみと生徒3人組のキャラも立っているし、肩肘はらずに見られるところが良い。
しかし、何故に石原さとみは三十路設定なのでしょう? いらんだろこの設定。
どうせ三十路にするのなら、深津絵里にこそこういうキャラクターやってもらいたい。
今度の「チェンジ」もそうだけど、ジャニーズ脇の分かりやすい役ばかりではなく、視聴者を良い意味で裏切ってくれるような、もっと挑戦的な役をやって欲しい女優さんなんだけどなぁ、彼女は。

そこいくと、彼ら彼女らどこまでやってくれる? と毎週フジに乗せられているのが「ラスト・フレンズ」
これが本当に上手いこと乗せられて、久しぶりに毎週リアルタイムでテレビの前に集合ってドラマです。笑
内容は割愛させていただくとても、一話のタイトルが「誰にも言えない悩みDV、妊娠、禁断愛」な時点で、いかにネタなドラマかは察していただけると思います。
まさに“振り向けば及川宗佑”になっている錦戸、見ているこっちが切なくなってくるような瑠可(凄い名前……)を体当たりで演じる上野、自然な立ち居振る舞いが流石に上手い瑛太、この3人に思わず目がいき、毎回最後には、次はどうなるのだ? と見事に乗せられます。笑
しかし、のだめからがらりと変えてきた上野樹里。一体彼女はどこまでやってくれるのか!
どんどん高みを目指していくようで、今に拍手を送るとともに、既に次はこの役をいかに裏切ってくれるかを期待してしまう女優さん。
スウィングガールズの頃からそうなんだけど、彼女を見ているとなぜだか私も頑張らねば! と思わされる。
自分ももっと上へ上へ目指してやっていこうぜ! ってそんな感じ。
ドラマTB : 0CM : 0
  [ チームドラゴン復活……? ]
2007-08-09(Thu) 22:56:31
医龍パート2やるんですね。
というわけで、ソースはフジテレビニューススポーツ報知などをどうぞー。
このドラマは結構好きでした。
職業モノ、職場での仲間結束話=群集モノ。ど真ん中直球ストレートな設定です。
音楽も好きでした。むしろ音楽にやられたところも大きいかも。
主題歌「Believe」、挿入曲、サントラを借りたくなってしまうほどだったので。笑
にしてもパート2はいいのだが……んー何か足りないような……
非常に重要は何かがかけているような……
サンスポ曰く「キャストの顔ぶれは前作と変わらず、」うんうん。
フジテレビ曰く「出演は坂口憲二・内田有紀・小池徹平・北村一輝・阿部サダヲ・水川あさみ・池田鉄洋・佐々木蔵之介・夏木マリ・岸部一徳   ほか 」
って加藤(稲森いずみ)どうした。
加藤いないんですが。え、それもう前作と全然違うんですが。
バチスタバチスタ、二言目にはバチスタ言っているのがこのドラマだと思っていたのに、もうバチスタはやらないんでしょうか。確か加藤第1助手だったような……
……まああの、来年3月以降の再放送で出会えたら見ようと思います。笑

大体10月は「探偵ガリレオ」(福山と柴崎!)も気合入ってて見たい感じなんですけどね。
刑事役は柴崎に是非一度やって欲しいと思ってた役だし、福山雅治だし。
まあ来年3月以降に出会えたら良いなーと思います。笑
ドラマTB : 1CM : 0
  [ 真夏の流星に輝きが似てるそんな日常 ]
2007-07-14(Sat) 22:14:28
気づいたらたくさん見てたぞ夏ドラマ。

「パパとムスメの7日間」が我が家は結構お気に入り。
舘さんのなんとも言えない女子高生演技と、新垣結衣ちゃんのおっさん演技(失礼)が日曜の夜にどーもまったりしていて良いのです。
「小梅にありがとうなんていわれたの、何年ぶりだ…」とか思わずちょっとうるっときました。
いきなり仲良くなっちゃった父・娘の間柄は見てて普通に楽しいし。
明日からまた頑張ろう! と思う日曜にはちょうどいいまったりさ。

「ライフ」
「ライアーゲーム」に比べるとパンチが弱い。
いじめ色強すぎなだけで、原作もほぼ読んじゃってるから目新しさも無いし。
多分そのうち見なくなるかながら見。

「ファースト・キス」
井上由美子こんなの(いわゆるラブコメ?)書けるのかwつか書くのかw
あ、私の中で井上由美子=きらきらひかる! タブロイド! 白い巨塔! ちょこっとエンジンとグッドラック! 多分ちょっとギフト!
職業ドラマ! アクが強いが格好良い人書くのうまいよね! です(長っ)
松雪伊藤は香坂矢部が懐かしい。
救命ではその二人が結構好きだったから(あと大田川のなっちゃん)そういう意味ではツボです。
友達には完全に阿部サダヲ目当てに見てると思われてますが、それは3割くらいです。笑

井上さんは美緒みたいな女の子上手く書きそう。あ、ほら井上由美子のイメージはアクが強いが格好良い(以下略)
小悪魔でも、性格悪くても、結局憎めない女の子みたいに。
伊藤英明はコメディ似合いますね。
阿部サダヲとひとりと絡むシーンは、脚本云々もあるけど、何より3人の盛り上げ方で、脚本が意図したものとは全く違って見えるのではないかと思いました。テンション高めになるというか。

「山田太郎ものがたり」
見る気無かったけど、家に帰ってきたらちょうどやってて鑑賞。
二宮のあんちゃんっぷりも良いし、多部美華子のアクの強い演技が良い。
ついでに櫻井くんの存在が今のところ結構どうでも良い感じです。笑
ていうかお前ら今何歳ですか、って感じです(^^)


東京では真夏に星は見えないし、むしろ私の日常はモノトーンです。
もうすぐレギュラーの授業も終わり。
ちょっと寂しいし(´・△・)何より焦る……
ドラマTB : 0CM : 0
  [ 祐ちゃんも真っ青 ]
2007-06-20(Wed) 00:25:30
松雪さんが連ドラ復活ですか! しかも井上脚本ですか!
というわけで詳しくは、こちら

見つけたときに思わず誰かに知らせたくなりました。
周りで趣味合う人誰もいないので、知らせても「だから何? ていうか誰?」と言われるのがオチですが。笑

「ファースト・キス」井上脚本っていうのは気になっていたんですよね。
でも恋愛ドラマやらホームドラマは積極的に見ないので、まあ初回も見なくていいかって感じで。本当に好み偏ってるなw
で、このドラマ脇に松雪さんが出るらしいという噂も知ってはいたんですが。
砂の器みたいな役だったらきっと途中でリタイアだと思っていたので、やっぱり見ないつもりだったんですよね。

それが、井上脚本で松雪泰子出演でしかもそれが准教授の女医役で、伊藤英明が思いを寄せる役らしいですよ。
どこかで見たことある話詰め込んだみたいな役柄ですね……
ただこの要素のどれかひとつがかけてたらきっと見ないと思うけど、この組み合わせはばしっと直球ストレート!
2回目以降は分かんないけど初回は頑張って時間作ろうと思います。

……とか浮き足立っている日に限って、夏の予定表(+予定表の立て方)とか配られたりするって、本当に世の中は上手くできていると思う。
ドラマTB : 0CM : 2

copyright © 2017 diary. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。